(株)オフィスサポート

エナージェルフィログラフィ新発売。


ぺんてる株式会社より、2016年10月26日にゲルインキボールペン「エナージェル」の新シリーズ、フィログラフィが発売されました。
philography-top

エナージェルシリーズは“なめらかな書き心地”、“濃くはっきりとした筆跡”、“筆跡の速乾性”という従来ボールペンにはないインキの特長が高く評価され、2000年に販売を開始し、累計販売本数5億本を超えるゲルインキボールペンブランドです。

energel

新発売されるエナージェルフィログラフィ(ENERGEL PHILOGRAPHY)の『フィログラフィ』のシリーズ名はPhilo(愛する)とGraphy(書く)の意味を併せ持ち、『書くことをもっと好きになって欲しい』そのような想いが込められています。

サイズ・重量はサラサグランドとほぼ同じ。

左からエナージェルフィログラフィ、サラサグランド、ジェットストリームスタイラス
比較

ツイスト式ですので、芯を繰り出して書くまでのスピードはノック式に劣りますが、その代わりにノック部がないため、上部のデザインがスッキリしています。
胸ポケットにいれるとデザインの違いが良くわかります。

左がエナージェルフィログラフィ、右がサラサグランド
ノック部比較

特徴的なニードルチップ。書く時に視界を遮りにくくなります。
chip

定価が2,000円なのでトンボ鉛筆のZOOM505(定価2,000円)、三菱鉛筆のジェットストリームプライムシングル(定価2,200円)あたりが購入比較の対象でしょうが、先日発売のサラサグランド(定価1,000円)と比較されると割高に感じてしまう部分はあります。
ただ、上部のスッキリ感はサラサ・ジェットストリームにはないものであり、ZOOM505のように太くないということで、胸元のオシャレ感は一番だと思います。

ぺんてる株式会社
エナージェルフィログラフィ
http://www.pentel.co.jp/products/ballpointpens/gelink/energel_philography/